東京スタッフ日記

3/10 26年ぶりの東京でのライブは、とてもいいライブとなりました。ありがとうございました。真璃子さんの4泊5日の東京での動きをまとめてみます。

ライブ前日、土曜日がKBCラジオのレギュラーなので、放送後に夜のフライトで東京入りしました。2回公演でしたので、当日入りでは、リハーサルの時間がとれません。そのための前乗りでしたが、ありがたいことに、ライブ当日の早朝、生放送で、JFN28局ネットでの放送「サンデーフリッカーズ」のゲストのお話をいただきました。
3月9日夜は最終便で東京移動、翌日3月10日のライブは2回公演。ラジオは朝6時半スタジオ入り、、、睡眠時間は3時間とれるかな・・・とい状態で、スタッフとしてはどうしようかと迷いましたが、ご本人にはまったく迷いがなく「やります!」とキッパリ。そんなわけで、えい、やぁーとブッキングしました。
<3月10日> 7:10〜ゲスト 「サンデーフリッカーズ」

さぁ、そしてライブです。会場には、朝10:45に入り、11:30からリハーサルがはじまりました。そして、ライブ1回目、1曲目をうたいはじめたとき、真璃子の中で感情が渦巻き、ぐっと来すぎて声がふるえていました、、、・・・・が、しっかりと乗り切り、声もよく出はじめて、気合いでのりきりいいライブができました。


ライブあとは、新曲Presentの作詞家の佐藤純子さんと、ゆっくり話していました。30年前にいっしょに軽井沢にあそびにいった二人が、時を超えて、こうやって歌で再会できたこと、そんな「今=Present」を喜びながら。

<3月11日>
そして翌日は、ラジオ日本「加藤祐介の横浜ポップJ」のゲストへと向かいました。横浜本社3階のエレベーターホールでまちうけてくれたのは、なんと、西村知美さんでした。

西村知美さんは、横浜ポップJの月曜日レギュラーですが、真璃子ゲストコーナー前に、次のスケジュールがありでなくてはいけないようでしたが、ギリギリまで、待っていてくれたようです。芸能界では、そんなに、友達が多くはなかっと言っていた真璃子さんですが、西村知美さんとは当時からとても仲良しで、カラオケにいったりしたこともあるようです。そんな束の間の再会でしたが、あえたことがうれしかったことは、写真の笑顔からも伝わって来ます。そして、すぐにゲストコーナーへとすべりこみました。

そこから、新宿にあるディスクユニオン昭和歌謡館へ伺いました。新曲「Present」をしっかりと押してくれているそんなディスプレイまでしてくださっているので、お店へご挨拶へと。店長さん、スタッフとも、80年代ポップスも大変詳しく、今回の楽曲もとても評価してくださり、CDをわかりやすく店頭でプッシュしてくださっています。ぜひ、みなさん、足をはこんでみてください!

そして、そのあとは、スポットライト新宿店で、トークライブを行いました。MCに80年代からラジオ&テレビ番組の構成作家をされている井辺さんを迎え、当時の時代背景と真璃子のデビュー当時の楽曲や、出来事を、お客様の質問をまじえて、たっぷりお話をさせていただきました。ここでは、ラストに井辺さんが構成で参加していた、とんねるずのオールナイトニッポンのエンディングテーマ「Sachi〜幸〜」を歌い、終了。そのあとは、真璃子のレコードがかかっていきましたが、「不良少女にもなれなくて」では、なんとお客様全員が、大合唱になりました。びっくりして、あっという間に時間が過ぎ、これは写真をとりそこないました。。。。

<3月12日>
この日は、むさしのFM 「Talking Loud」にゲスト出演させていただきました。
MCの川久保 秀一さんは、真璃子の歌の先生がいっしょだったり、松井五郎さんプロデュース作品もあり、はじめましてとは思えない、人と人とのつながりを感じながら、話がはずみました。

そして、むさしのFMのあとは、真璃子スタッフと、吉祥寺で打ち上げをしました。

<3月13日>
午前中は表参道でエステ。これは、写真はありませんが、終わったあとはお肌がプルンプルンとご機嫌の真璃子さんでした。そして午後は、音楽評論家・富澤一誠さんのラジオ番組「Age Free Music」のゲスト収録

これは、FM NACK5 3月21日の24時〜の放送となります。ぜひ、お聞きください!

おつかれさまでした。今頃は、ちょうど大阪か広島あたりの空の上です。もうすぐ福岡へ到着する予定です。来週は、20日 名古屋DOXY 21日 大阪Rumioとライブがつづきます。ぜひ、今の真璃子の歌を聴きに来てください!
おまちしております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です